初めてのパパママ必見!七五三の食事こそ余裕をもって!

初めてだからこそ気負いすぎない

意外にも、お菓子屋さんはハレの日のお祝いの需要でいろんなご家庭を目にしています。その中で案外多いのがご夫婦が初めての七五三で戸惑う姿。ハレの日のためにずっと前から準備して、当日はご本人たちも慣れないスーツでめかしこんだ上に早起きしてお子さんの着付けとお世話。へとへとになって引き菓子を取りに来るご夫婦も多かったです。それでもお子さんの晴れ舞台は嬉しい!ここでは初めての七五三を迎えるパパママに向けて、少しだけ余裕をもってお祝いの食事を迎えられる小さなコツをお教えします。

当日朝はトラブル必須!段取りは余裕綽々で!?

初めてのお宮参りや写真撮影、そのあとの食事会は準備から緊張しますよね。抜かりなく朝から晩まで予定を詰め込みお店の予約もカンペキ。しかし意外と見落としがちなお祝い当日の朝の突然のトラブル。渋滞に巻き込まれた、美容院が時間がかかった、子供がはしゃいでケガをしたと、時間が押すことはままあります。なんとかお宮参りを無事に済ませ食事の席に着いたときハッとお祝いの引き菓子を忘れてた!と気づく方も。夜になって慌てて取りに来られるご家族もいらっしゃいました。お菓子も食事も生もの。予約の時間に合わせて常に準備が進んでいます。慌てないためにも、当日の予定は段取りの段階で「自由に動ける時間」「注文していたものを取りに行く時間」「時間が押して来たら早めに電話を入れる」など余裕を持っておくといいでしょう。

主役は子ども!ごほうびは別に

孫のハレの日ということで、両家のおじいちゃんおばあちゃんも張り切っていることでしょう。大人はせっかくのお祝いだからと縁起物の食事や飲み物のフルコースで揃えたいところですが、主役は七五三を迎えるお子さんです。慣れない着物やドレスで疲れて食べなれない食事お子さんは気疲れしていませんか?気疲れしてぐずりだして怒りたくないのに怒ってしまう。そんなときはお祝いの席が終わった後にお子さんの好きなお菓子や料理を少し用意してあげるのはどうでしょうか。「今日は頑張ったからごほうびを用意しているよ」と前もって伝えておけば、お子さんの気持ちにも余裕ができます。楽しい会食にするためにお子さんへの気配りをして、パパママもニコニコでお祝いを迎えましょう。

お祝いで七五三のレストラン行くのは予約が重要です、多くの人が集中する期間ですので、待たずに入れるのは大きいです。また、七五三プランなどがあり、楽しい演出やお得なプランもありますので事前に予約必須です。